良かれと思ってた事が、そうでもなかった時。

50才あれこれ



今年の始めに、成し遂げたい事を6個あげました。

その中のひとつである「両親と旅行に行く」についてのお話。

このことが、自分の浅い考えを思い知ったのであります。

 

「だってそうに違いない」という思い込み

 

今年、やり遂げたい事を早速実行するために。

ここ2,3日、いろいろ考えてました。

 

過去記事

おひとりさま52歳の2018年に成すこと。

 

何を?

両親との旅行です。

母親が行きたいと言っていた秋田乳頭温泉の鶴の湯。

ここに行くべく、行程から宿泊から何からめっちゃ調べていました。

 

体調の事もありツアーで他人と

一緒に旅行する自信がないと言うので全て自分で手配。

伊丹空港から秋田空港へ。

JALがいいのか、それともANAか。

75日前なら片道8,500円で秋田へ行ける。

そんなことを、めっちゃ調べてました。

 

で、どうなったのか?

はい、ポシャりました。

理由は、父親がバイトを休めない(休みたくない)

母親が春ぐらいに親戚の人が遊びにくるのに

いつ来るか決まってないから日程が決められない。

などなどの諸事情で、ポシャった訳です。

 

行きたくないというより、決められないという理由。

私にすれば私は会社でフルタイムで働いて

時期的なものなどで時間の制約がかなりある。

でも両親は、日程的にかなり融通が効く。

そういう考えがあって旅行の話を進めていました。

 

それが私の思い込みというかなんというか。

私が両親が行きたい場所に連れていくのに

喜んでくれるのが当たり前。

日程も一緒に決めたやん。

しかも費用は一切私が出すのに。

そういう思い上がりがありました。

 

昨夜、母親と話してて

「あんたが連れてってくれるというのはすごく嬉しいねんけど」

「来年行こうよ」とか言い出すし。

来年ってますます体調がわからんやん。

なんで? 行きたいって言ってたのに?

正直なんか気分が悪いって思いました。

 

それでもまぁ行きたくないんだったら仕方がない。

しゃーないね、また考えようかとなどと言って電話を切りました。

 

それから寝ながら考えてたんです。

なんで行きたい場所なのにあーだこーだと言うのだろう?

私にお金を出させたくないというより

先のことを考えるのが自信がないというのが近いかも。

 

母親は性格的に心配症で気にしいで、

旅行当日に体調悪くなったらどうしようとか思うと

プレッシャーがかかるタイプ。

父親は、バイトと言え責任感が有り余るタイプ。

 

なんかそういうのを考えてたら

ありがた迷惑だけだったかもと思い始め。

自分がいいと思ったものは他の人もいいと思うに違いないというのが間違い。

と、悟りまして。

考えを変換させました。

 

父親は、バイトを休みたくないんだったら

日帰りで近場でも何処かに行けばいい。

母親も、前もっての外出計画がしんどいなら

当日に誘って何処かに行けばいい。

 

親孝行するつもりの秋田への旅行計画でしたが

本来の目的である、親に喜んでもらえるのが一番です。

まぁおかげで出費も少なめになります。笑

 

ほんと、人を喜ばすのも難しいわ。

 

 

ガイドブック。。。張り切って買ったのよ。

でもいつか行きたいです。   

 

 

にほんブログ村テーマ * 50代を 素敵に生きる *へ  * 50代を 素敵に生きる *

にほんブログ村テーマ 50代を考え暮らすへ  50代を考え暮らす

にほんブログ村テーマ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ  ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

 

 

コメント

  1. のばら より:

    アサコさん、こんにちは。
    うちでも同じような出来事があり、うんうんと頷きながら読ませてもらいました。
    出掛けるのが好きな母、逆に出掛けるのがあまり好きでない父。
    プロ野球のチケットが取れそうだったので「3人で行こう」と声をかけると、母は大乗り気、父は「行かない」と一言…。
    私のテンションもダダ下がり…。
    母と2人で行く方法もありますが、父を一人残して行くと100%拗ねると思います^^;

    温泉でも連れて行ってあげたいと思うのも、私のエゴかもしれませんね。
    もう、お金を渡して好きな物を買ってもらうのが良いようです。

    • アサコ より:

      のばらさん
      喜んでほしいという気持ちと、
      親が本当に望むものが微妙に違ってきてます。

      普段は元気だけど、旅行はパワーがいるものなんで
      やっぱり年を取ると大変なのかもしれません。
      ぼちぼち話をしながら出来ることをやってこうと思います。

  2. uni より:

    はじめまして。
    神奈川在住のuniといいます。

    たぶん2年くらい前から時々お邪魔していました。
    もっこちゃんのお話は何回も読みました。
    うちにも1月に15歳になったわんこがいます。
    ダックスです。
    お耳はあまり聞こえてないみたいだし、目もわるくなってきてるみたいだし、
    その他、病気もあってお薬も飲んでいます。
    でも、食欲だけはあって、ちょっと食い意地がはりすぎなんじゃないかな?と心配になるくらいです(^^;

    トイレは失敗しちゃうことも増えて、
    後片付けをしてると、遠巻きに見てたりします。
    ごめんね…って思ってるのかも。
    つい、誰がここでやったのー?!と言ってしまうこともあって、後から反省したりして。
    手がかかることが増えてきたけど、
    お世話ができるうちが華ですよね。

    ご両親との旅行は先送りになってしまって、ちょっと残念でしたね。
    でも、また機会があると思います。
    楽しみはとっておいてくださいね(^^)

    なんか意味ないコメントですみません(((^^;)
    また、遊びにきますね。

    • アサコ より:

      uniさん
      初めまして!
      ダックスちゃん、うちのもっこが元気でいればほぼ同い年ですね。

      やっぱり15歳にもなると目や耳もハッキリしなくなりますよね。
      うちもそうでした。
      失敗した時もおんなじですよ。
      「あっ!もぅ~。」なんて言うと、ちょっと離れた所から
      「えっ?そんなん知らん・・。」みたいな
      なんとも言えない表情で見てたりしてました。
      本当に、こっちの雰囲気を察してくれて。
      かわいいヤツです。

      私は介護らしい介護をしないままでした。
      14歳になってこれから大変かも~と思った矢先でしたから。
      お世話はしんどいと思いますが。
      たくさんの思い出が増えますように。
      今の毎日を楽しんで下さいね!

  3. gakunennsyuninn より:

    こんばんは。秋田在住の59歳です。鶴の湯にいつか来ていただける、ということでとても嬉しく思いました。雪の鶴の湯は素晴らしく美しいですが、とっても寒いのでお父様、お母様をお連れになるのであればお気をつけて。春、夏は緑が素晴らしいです。ご都合がつくのであれば秋、紅葉の頃がお薦めです。関西よりかなり早い時期になります。もういらっしゃったことがあるかもしれませんが「八幡平」も雄大な景色が楽しめます。秋田は地味なところですが美味しいお野菜やお米などもたくさんあります。ぜひいらしてみてください。なんならお一人でもゆっくりと楽しめると思います。

    • アサコ より:

      gakunennsyuninnさん
      おはようございます。
      秋田におられるんですね!
      関西からは東北は、かなり遠くて
      なかなか行く機会がありません。
      なので今回両親を連れて行く。
      と、いう名目ながら自身が楽しみにしていましたので
      ちょっとがっかりしていました。

      冬の鶴の湯の写真を見て、いいなぁと思っていたのですが
      新緑や紅葉シーズンもいいですね!
      ほんまに一人でも行ってみたい地です。

  4. かわ より:

    教えてください。お父様のアルバイトてどんな事でしょうか週に4日のバイトて
    すごいじゃにですか。若い引きこもりの人に教えてやってください

    • アサコ より:

      かわさん
      父親のバイトはマンションの管理会社のバイトです。
      簡単に言うと掃除です。
      バイトリーダー的な感じになったつもりで毎日働いていますよ。

  5. かわ より:

    お父さんに死ぬまで働かせてください。
    今最高の認知症の予防は働くことだそうです。ときに若いものから怒られたりしてもいいです。少しのお金でも、お金をもらうことは辛いことがありますが、一杯ご褒美があります。それが認知症予防です。
    ぜひ死ぬまで続けて下さい。

  6. かわ より:

    続き
    知り合いで75歳を超えた爺さんで清掃フルタイム週6日の人がいます。地元の進学高から有名大学でて地元の企業に勤めていましたが定年後ブラブラしたあと清掃に仕事決めたようです。元気でやっています。
    どこも体に悪いとこないとおもっていましたが年相応に色々不具合ある様ですが、とにかく体を動かし事が大事なようです。

    • アサコ より:

      かわさん
      やっぱり働くのが一番ですよね。
      元気に動けるうちは恐らく続けると思います。
      誰かに頼りにされているのもやりがいがあるようです。

  7. みかん より:

    アサコさん。はじめまして。
    すごくお気持ちわかりました。
    父を亡くし、母と同居していますが、喜んでもらおうと思っていたのに独りよがりだったのかなって思うことありす。
    でも田舎が秋田で、乳頭温泉行きましたがとてもいいところです。
    アサコさんにもいつか訪れていただきないなぁ(*^^*)❤

    • アサコ より:

      みかんさん
      はじめまして!
      コメントありがとうございます。
      そうなんです。
      絶対喜んでくれる・・・って思っていたのですが
      案外そうでもなかった事に少々がっかりしましたが。

      私も親の年齢になればわかる事かもしれません。
      わざわざどこか行かなくてもちょっとした買い物につきあうとか
      近所に桜を見に行くとかがいいのかもですね。

      乳頭温泉やっぱりいいんですよね~。
      あの白いお湯。。いつかは行きたい温泉です。