今年から年賀状を止めたい!

50才あれこれ



 

ずっとずっと面倒だった年賀状。

今年から真剣に止めようかなと考えています。

出すのが本当に苦痛なのです。

 

最近は、親しい友だちとはLINEなどで繋がっているので

年賀状は要らないかな?と思います。

親戚にはもともと出していません。

毎年頂く年賀状も少ないです。

友達がそんなにいないですからね。

出しているのは、ほとんど会社関係なんです。

 

年末ギリギリまで会って、正月明け最初に会う人達。

ずっと要らないんじゃないと思っていました。

でも随分前になりますが、

ある社員がみんなに年賀状を出さなかった事があり

その時、私と同い年の同僚から

「年賀状出さないなんて失礼だ!」って

嫌味を散々言われてたのが残っています。

でも、もう良いんじゃないかと思うようになりました。

本当は、一部の人も出したくないんじゃないかと思います。

でもみんな怖くて言い出せない。

だったら私が先陣きって「年賀状出さない宣言」すれば

みんなも楽になるんじゃないと思うんですよ。

 

年賀状を出したい人は出せばいいと思います。

私が止めたいだけです。

正直、年賀状って貰うのは嬉しいですよね。

年に一度、近況をお知らせする。

そういうのもアリだと思います。

でも私は書くのが非常に苦痛なのです。

家族がいるわけでもないので写真付きとか送ったことないし。

でも貰うのはいいけど送るのは嫌だっていうのは

勝手なので年賀状を送ってくれた方には

寒中見舞いみたいなのを送ろうかなと考えています。

 

話は違いますが

2年前に13年間続けた家計簿もあっさり止めました。

止めたからと言って無駄遣いが増えたということはありません。

家計簿ってただ記録しているだけなら意味がないと聞きました。

収支を分析してはじめて家計簿の意味をなす。

家計簿ってそういうことらしいです。

 

私は家計簿じゃなくて、ただの収支記録だけでした。

 

2016年やめたもの、お金の管理をやめてみた。

 

おひとりさまの家計簿は本当に必要なんでしょうか?

 

あーでも止めたいけど迷います。

平成を最後に今年だけ出して今年でおしまい宣言しようかな。

年賀状を出さないからといって他の人に迷惑をかけるわけじゃないですよね。

 

50代になって少しずつ自分のしたくないことをやめてます。

 

そろそろ自分の心地良さを求めていってもいいような気がしてきてます。

これも終活のひとつなのかもです。

 

 

 

にほんブログ村テーマ * 50代を 素敵に生きる *へ  * 50代を 素敵に生きる *

にほんブログ村テーマ 50代を考え暮らすへ  50代を考え暮らす

にほんブログ村テーマ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ  ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

 

 

コメント

  1. ミント より:

    アサコさん 
    お久しぶりです~私は還暦なのでずっと年上ですが、数年悩んで昨年やっと年賀状終了しました。
    その時の文章に大変悩みまして。。何度も書き直し読み直した経験があります。
    私も他県に嫁ぎ、生存確認のような年賀状に疑問を持ち、子育て終了した私は元旦に届け、まだ学生の子供がいて仕事のある友人達は、届いたのを見て書いてくる。。そんな繰り返しでした。
    もう会わないかなぁ~と思う友人にも出し続ける事への疑問。
    私も終活をもうほぼ終えているので、ここを収めた事への解放感は嬉しかったです。

    最後の年賀状でしたが、
    今年の年賀状をひと区切りと致しまして、今後の年賀状はご辞退させて頂く事に致しました。今後皆様とは今後変わらずお付き合いをお願いしたいと思っております~的な事を書いて、電話とメルアド(変わらないパソコン)を書きました!!
    友人も差ほど気にする事もなく・・安堵したのを思えています。

    勝手に年賀状を放置出来る勇気がなかったので、告知方法を選んだのです。
    この時期になると~いつもの慌ただしさがなくなり、平常に暮らせて止めて良かったと
    自分は後悔してません。
    遠い縁を紙1枚で繋がっていると考える感覚より、身近な交友を大切にして行こうと
    思っています。
    もう早ですが、来年は益々福多い年になりますように~。        ミント

    • アサコ より:

      ミントさん
      こんばんは。
      ミントさんも年賀状を卒業されたんですね。
      昔なら、年賀状は絶対いるものだったんですけど
      今の時代のつながりとか、自分の感情などを考えると
      やっぱり年賀状はもういいかな。。と思っています。

      フルタイムで働いて、12月のお休みに年賀状仕上げなきゃという
      焦りが本当に苦痛になりました。

      もう年賀状は出さないとは決めています。
      あとは今年をどうするかだけのことです。

      ミントさんが選んだ最後の年賀状の文面は参考になります。
      ただ年賀状をやめるだけで、お付き合いをやめる訳ではないということ。
      そうですよね。
      私は考えて考え過ぎて「もうどうにでもなれー!」って
      バッサリ止めてしまう所もあるのでちょっと危険です。

      ミントさんにも・・・ちょっと早いですが
      ミントさんに、来年も色んな福と幸せとラッキーが多くありますように☆

  2. おじさんです。 より:

    3年半前、55歳の時に早期リタイアした後、会社関係の年賀状は出すのをやめました。
    理由は、退職後もう自分から求めて会うこともないと思ったからです。出しているのは
    学生時代の友人関係だけになりました。意外なのは出すのをやめても先方が諦めずに出し続けるケースが数名おり、あっさり縁が切れると思っていたのに当方からの返事もチェックしていないのかな。でも、ここで返事を出すと断捨離にならないので(笑)、住所が遠方なので今年もそのままにしておこうと考えています。

    • アサコ より:

      おじさんさん
      はじめまして。
      やっぱりそういう節目のタイミングで年賀状を止められたんですよね。
      それでも変わらず年賀状をくれる人がいるんですか。。
      こういうのは、思いきらないといけないのかもですね。
      どう思われてもいいという決心みたいなのがいるのかも?と思いました。
      私はまだはっきり決められてませんが平成の区切りで終わりにしたいと思います。