【終活】もしもの時の為だと、写真を撮りました。

終活



昨日は、久々に実家に行ったんです。

実家には両親が健在でふたりで住んでいます。

両親共にもうすぐ80才になろうとしていますが、父親に至っては週に4日バイトするぐらい元気です。

 

いつか来るその時の為に、準備というか終活というのか、着々と進めています。

 

うちの両親は、もうすぐ80才になろうとしています。
おかげ様で、多少の病気をしながらも元気で暮らしています。

その親が、自分の来るべき日の為に色々考えているようです。

お金、お墓、お葬式などです。それは私達、子供の為であると思います。

ひとつずつ決めていく度に、ほっとしたと言っています。

でも実際子供の為ではあるけれど、自分たちの為でもあるんだろうなと思います。

決めてしまえば後悔が少なくなると言いますか、子供に迷惑をかけたくない、その思いだけだと思います。

親がいろいろ決めたことの報告を聞いて、私はそうなんだ、良かったやん。と言います。

別にそんな準備しなくてもいいやんとも思いませんし、自分がその立場でも同じような事をしていると思います。

 

今日は、天気も良かったので母親が写真を撮って欲しいというので、撮ってあげました。

母親は、シワが多くて嫌だとか、眉毛が薄くなっているのでもっと濃く描くとか、自分はネイビーが似合うから着替えるとか、張り切って写真撮りました。

人に決めらた写真ではなく、自分が気に入った写真を最後の写真として決めたいのだそうです。

いくつになっても女心を忘れないんだなぁ。

なんかわかる気がします。写真写りって大事よ~。

最後に人に見られる写真が気に入らんかったら、なんか嫌やもんね。

あの世でも、その写真アカンわ。もうちょいマシなんあるでしょー。って死んでも死に切れんかもね。

 

あともう少し若い時に撮ればよかったと、悔やんでおりました。

ずっとシワがなんで多いんとか言ってましたから。

あんたも早いうちに撮っておいた方がいいでと言われましたので、そうすると言っておきました。

 

そういった終活もいいのですが、家はモノで一杯なんです。

私としては、あれをなんとかしていただきたいわ。

終活というより身体がゆうこときかなくなってきて転倒とかの危険性もあるしね。

スッキリ暮らしていただきたいのだけど、それはなんかダメみたいで。

ほかすのもったいないとか言うてます。

私としては、そっちの方が気になるねんけどね。

 

私も、自撮りで撮っておこうかなぁと思います。
今は良いアプリがございますので。オホホ

 

本日の手土産 ~水無月

水無月

母親の好物、かなり喜んでいた。

 

今日の一句
準備は大事、写真も大事、死んでも若く見られたい。

 

 

終活
スポンサーリンク
おひとりさま50代のお金と暮らし

コメント